<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 更新再開のお知らせ | main | 14日報 - Overlord2ほか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
13日報 - Too Human,Tomb Raiderほか
 エステルの服はどことなく卑猥。


Too Human バルドルのプロフィールが明らかに(英)

Photo by TeamXbox

 海外ではもう間もなく、こちらではあと2週間程度で発売となるハック&スラッシュARPG、Too Human。開発のSKが新しいスクリーンショットとともに、バルドルが生まれてから現在に至るまでを明らかにしている。以下訳。


バルドルの進化

 「バルドル」は常に「バルドル」ではなかった。実際、初めは今のような「神」という存在とは程遠いものだったのだ。
 Too Humanが初めに「サイバーパンクの影響を受けたSFゲーム」と考案された時、バルドルの名は「John Franks」―地味な主人公に名づけられた少しばかり退屈なあだ名―と呼ばれていた。
 我々はToo Humanの導入をとてもありふれた陳腐なものにしたかった。そうすることでプレイヤーを釣り、前からそこにいたことがあるような感覚を持たせたかった。そして我々は、「Franks」を家族を殺され復讐を求める一人の警官として作り上げた。

 この時点においては、北欧神話的な要素はほとんどなかった。ストーリーが作られていくに従って、我々は神話をどんどんと反映させていった。この工程で、「Franks」は変わっていった:髪が生えたりなくなったり、あごひげができたり取られたりといった具合に。
 彼のデザインはアーティスト達や様々な人たちの気紛れによってあれこれと変化してきた―誰も彼の外見に関する明確なビジョンを持っていなかったのだ。

Photo by TeamXbox

 Too Humanが延期された時、「Franks」に関する様々な夢や、その他のこのゲームに関するあらゆることが道端に打ち捨てられてしまった。5・6年後にある面白いことが起こるまでは、Too Humanは手付かずとなっていた:誰かが冗談めかして、「全てを北欧神話としてしまえばよいのではないか」と考えるまでだ。
 あごは落ち、頭は掻かれたものの、その考えはこのゲームに対する興味を再び刺激し、これまでとは全く異なる方向で開発を始めさせた。

 「John Franks」は速やかに主人公の職を解雇された―彼は古いゲームから着想を得たアイデアや既存のコンテンツの集まりのような存在だった―そして「John Franks」は「バルドル」、北欧神話における太陽の神となり、彼の世界はサイバーパンクなメトロポリスから現在の戦によってひどく傷つき、氷に覆われた苦難の地に変わった。
 デザインは素早く届いたが、「ヘルメットに角を生やすべきか否か」については数多くの議論がなされた。

 ホーンドヘルメットは海賊文化のアイコンであり続けてきたが、本物のバイキング達はそんなものを身につけはしなかった。歴史家達は、ホーンドヘルメットのアイデアは古代ケルト人がよく角や翼などの野生のもので装飾されたヘルメットを被っていたのが勘違いされたのではないかとしている。
 バイキングは非常に現実的な人々だった。彼らにとっては角などといった紛らわしいものを身につけたところで、不必要な重みを背負い戦いにくくなるだけだったのだ。
 にも関わらず、バイキング・アートでは、多くの神が翼や角のついたヘルメットを身につけていた。人間ではなく神。それゆえに、神であるバルドルのヘルメットに角が生えていても不思議はなかった。

 両方の支持者を満足させるために、ホログラフィックの角をつけるというアイデアが出た。この角はヘルメットの前方、バルドルの目の前に滑り込み、ホログラフィックのディスプレイを表示するのだ。このアイデアによって両者は満足したが、それもパブリッシャが変わるまでの間だった。

 マイクロソフトがこのゲームを引き継いだ後、バルドルは彼らにとって売り出しやすいキャラクターとなるために、さらに何度かその外見を変えられた。我々にとって「デフォルト」だったバルドル―マーケティングに使われ続け、バルドルという人物像の第一のイメージだった存在―がこのヘルメットをかぶることはなかった。
 我々はヘルメットが彼自身の性格を覆い隠してしまうことで、彼の人間らしさを弱くし、機械のように見せてしまうと感じたのだ。

 これはほとんどの作業が終わっていたキャラクターデザインにおける最後の最後で決まったことだった―ささやかな、時にはほとんど気が付かないような変更をヴィジュアル化するために何時間もの時間をかけた。
 そして、我々はコスチュームよりも表情の変化の方に興味を持つようになった。よりカリスマ性があり、印象的で、勇ましく、そして究極的に「人間らしく」―采配をとるのにふさわしくシリアスな一方で、感情を持ち、思いやりを示すこともできる顔を目指した。

 こうして、ようやく我々はストーリー中与えられた役割を果たすにふさわしく、より有名で、見分けのつきやすいヒーローや悪役達の中にあってもその個性を保つことのできる「メイン・キャラクター」を作り出すことができたのだ。

(ここまで)

 コンセプトが生まれてから14年経っているというだけあって、歴史を感じさせるというか、迷走を感じさせるというか、そんな感じの記事だ。
 注目だけは恐ろしく集めているけど、実際にはどうなることだろうか。


LionheadがFable2 Pub GamesからFable2本編へのお金の移し方を紹介(英)

 本日より配信されている、稼いだ金をFable2本編で使うことができる3つのXBLAゲーム。実際にはどんな風にお金が移されるのか?という疑問に、開発のLionheadが答えているらしい。

 Xbox360 Fanboyの記事によれば、まずPub Gamesを遊ぶ時にギャンブラーを一人選ぶ。その後10月にFable2を買ってヒーローを作り、地元の酒場やそこらにいる「ゲームマスター」を探す。彼からのゲームへの誘いを受けると、Pub Gamesで選んだギャンブラーのキャラとFable2本編の主人公を"合併"させるかどうか選ぶことができ、合併させることでPub Gamesで稼いだ金を使うことができるようになるそうだ。
 Pub Gamesで作った他のギャンブラーキャラをまとめて一人のギャンブラーキャラに合併することも可能だそうだが、一度本編のキャラと合併すると元に戻ることはできないらしい。

 Pub Gamesで専用キャラを作ることの意味から聞きたいところだが。


XBLA ヴィジランテ8、認証段階へ(英)

 またまた長らく消息不明だったヴィジランテ8、ようやくMSの認証段階に入ったらしい。順調に行けば晩夏から初秋にかけて配信される。
 価格は800MSPを予定。5つのステージで4人までの分割対戦と8人までのオンライン対戦に対応しているそうだ。

 昔のあの出来のままで遊べるんだろーか。
 というか秋はやめろ、秋は。


ララ・クロフトの新しいモデルが選ばれる(英)

Photo by Gameplayer

 新しい「ララ・ガール」がいつの間にやら決まってた。
 23歳のAlison Carrollは、12年の経験を持つプロの体操選手(display gymnast)。歴代のララのモデル達とは違い、モデルの経験はなし。この差を埋めるため、彼女はこれから東欧でSASのサバイバルコース及び戦闘・セミオート銃の射撃訓練コースを受けると共に、世界考古学の短期集中ゼミを受講するらしい。

 受付嬢からの脱却を目指し本人も燃えているらしく、

「素晴らしい機会だと思います。ララの世界に入るのが本当に楽しみ。未だに皆さんが私をララ役として選んでくれたことが信じられずにいるし、彼女を演じるのが待ち切れない。
 これは私にとって夢のような仕事なんです―昔からずっとアクションヒーローになりたくて。ララのスタントを全てこなすために、私の体操の技術が使えると良いなと思います。少し怖いけど、それと同時に本当に興奮しています」

 と語っている。
 まさにアメリカンドリームならぬイングランドドリームといったところか。

 大人びた感じの昔のモデルと比べると童顔っぽい。よいですのう。頑張ってほしいですのう。
 ワールドワイドで開かれるTomb Raiderのパブリシティイベントで「パブリックな」ララとして登場する予定のミズ・キャロル。新作Tomb Raider:Underworldの発売は11/21だから、もう間もなく様々なイベントで見られるだろう。

 一方日本は無名のグラビアアイドルを使った。


テイルズオブヴェスペリア 盆明けからダウンロードコンテンツを随時配信

 個人的一押し、テイルズオブヴェスペリアのDLCが盆明けから続々と配信予定らしい。ただし、

テイルズオブヴェスペリアの有料ダウンロードコンテンツは「ゲーム内で手に入るものしか考えていない」そうで、「製品に入っている要素を楽しむお手伝いをするもの」を中心に考えているとのこと。

 ということで、時間のないゲーマーを意識したものになりそう。立派!
 ダンジョンなんか出たら買っちゃうんだけどなぁー。


第2期Xbox 360 ファンサイト募集のお知らせ

 というわけで、長いこと募集が行われていなかった360ファンサイトの再募集が始まっている。
 公式認定の御墨付きがもらえるとあって、25日の締め切りまでにはかなりの数の応募が集まりそうだが、箱部logはIRC普及のために名乗りを上げようかどうか考え中。でも規約の

マイクロソフト、Xbox 向けゲームを販売するゲーム会社等 Xbox 関連業者、および Xbox 360 ユーザーやその他の個人に対する誹謗中傷、冒涜的表現

 にモロに引っかかってそうだし。
 箱売る気ないだろとか近日中は1ヶ月の意味ですねわかりますとか言ってるし。
 まぁ、ぼちぼち考えますか。


ソース
TeamXbox
ファミ通.com
Xbox360 Fanboy
eurogamer
Gameplayer
Game*Spark
XNEWS
Xbox360 ブログ
| 日報 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:23 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/233
トラックバック

IRCチャンネル#箱部の日報なんです