<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 7日報 - Halo3,BFBCほか | main | 更新一時休止のお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
9日報 - TOV,Fable2ほか
 特に大したものがないのをいいことに、テイルズにはまりまくってます。
 他のものが手につかんよー。


テイルズオブヴェスペリア、無料DLC配信中

 7日に発売されたばかりのTOV、既にDLCが出始めている。

■「無料グミセット」
■「エステル用お試しスキルセット」
■「ユーリ用お試しスキルセット」
■「合成お試しセット」


 以上の4つが無料で配信中とのこと。「無料グミセット」は序盤に役立つグミのセットを手に入れることができるDLCで、「エステル/ユーリ用お試しスキルセット」は、アクション系のスキルを多く覚えることができる。「合成お試しセット」は、グミなどの合成用の材料が手に入るDLCだ。
 「お試し」スキルというのがちょっと気になるが、要は序盤からちょっと有利に行きたい人のための措置ということだろうか。覚えられるらしいスキル自体は序盤で揃えることができるものの、このDLCで覚えることができるなら非常にお手軽。
 …あ、これ、シミター買い忘れた人のための救済措置でもあるのか。まあとにかく、色々な意味でプレイ時間を大幅に短縮できるので、お得なDLCだ。タダだし。


Saints Row 2 "The Brotherhood"動画



 Saints Row2における、新しい3大ギャングの一つ、The Brotherhoodの紹介動画。
 全身刺青の4WD集団だが、ただの脳筋な暴れん坊というわけではなく、メンバーの釈放と引き換えにUltor社と手を組みSaintsの一掃に乗り出す、決闘?の場に「独りで来ると言った覚えはないぜ」と仲間を連れてくるなど、なかなかに頭が切れるようだ。
 主にローニンのせいでこのゲームの敵はただのふざけた連中だと思ってたが、意外とそんなことも無さそうだな。


Fable 2 欧米で10月に発売、ミニゲームは8月13日配信

 Fable2の発売日が確定。アメリカで10/21に、ヨーロッパで10/24に発売される。
 また、「Keystone」「Spinnerbox」「Fortune’s Tower」という3つのFable2と連動するXBLAも8/13に800MSPで配信が開始される。3つとも実際にFabl2の世界で遊ばれているギャンブルだそうで、このゲームで稼いだ金はFable2のしょっぱなから使うことができる。
 海外では、これらXBLAのダウンロードコードを予約した人にプレゼントするキャンペーンもやっているようだが、日本でもやってくれないだろうか。っていうか本当に年内に間に合うのだろうか。間に合って欲しいけど、間に合っても遊べるかどうかわからないなぁ。


Too Human 新スクリーンショット(英)

Photo by WorthPlaying

 なんだかゲームの世界を色々と紹介したいらしいToo Human。"World Serpent"なるものの説明がのっかっていたので、訳したいと思う。


“そこには化け物がいるんだ”

 氷に閉ざされた地球上で最も荒廃した土地の中で、伝説と神話の中でしか知られていないDevastator(蹂躙者)クラスの戦争マシーン、"The World Serpent"は千年の時を眠り続けている。
 ユミルにとっての最高の武器の一つとして使われてきたThe World Serpentは、1マイルもの長さの潜水可能なバトルシップであり、人間のほんの少しの「思考」で、大規模な破壊をもたらすことができる。

 ユミルが世界の未来を変えるほどの威力を持っていた反物質攻撃により破壊されたとき、残っていたDevastatorクラスの機械達は捕まるのを防ぐためか、ユミルの支配を後の時代に取り戻すために逃げ出した。彼らのうちいくつが本当に残っているのか、あるいはそのうちのいくつが単なる神話に過ぎないのかは純粋な推測の域を出ない―確実なデータはほとんど残っていないのだ。

・Devastator Class
 Devastator Classは、ユミル軍のバックボーンとしてデザインされた―長距離砲撃と恐ろしい防御力をもって、機動部隊をサポートする目的で作られたのだ。
 完全に潜水することが可能な一方で、強力な反重力装置により、地上を浮遊しながら移動することもできた。まるで巨大な蛇のように節のある体は地上を這い進むこともでき、眼前に立つあらゆるものに恐怖と死をもたらした。
 建造にあたって数千年前の"フィンブルの冬"という暗黒時代の頃に失われたテクノロジーが多数使用されているDevastator Classは、工学技術の神秘として残り続けている。


・Aegitの顎
 吹雪と恐ろしい風の中に横たわる"Aegitの顎"は危険な場所だ。陸地と呼べるのは霜のついたたった一つの岩の角だけで、残りはぼろぼろに砕けた氷が一帯を占めていて、それらは地殻や水の動きによって常に動き続けている。
 The World Serpentが、このあらゆるものが氷の下で引きずられていってしまう地を隠れ場所として選んだことも、驚くべきことではない。幾年をかけて氷が砕け、その形を変えると、時として氷の下に沈んだ犠牲者達が浮かび上がってくる時がある。

(ここまで)

Photo by WorthPlaying

 体験版では必要なかったアンチミサイルスパイダーも、さすがにこれだけの量のミサイルとなると必要になりそう。

 それにしても、フィンブルの冬などなど、さすがに北欧神話をSFにした作品なだけあって、北欧神話の専門用語がバンバン出てくる。テクノロジーの功罪を語りたいらしいが、北欧神話の土台をどのようにうまく料理してくれるのかも気になるところだ。


XBLA "Shred Nebula" 9/3配信(英)

Photo by Gamespot

 スペースシューティングまだまだふえるよ!
 海外では9/3に配信されるShred Nebulaは、二つのスティックを使ったユニークなシューティングゲーム。どうやらこのゲームでは自機の向いている方向にしかエイムが向かないらしく、射撃の腕と同じぐらい操縦の腕も必要だ、とGamespotのFirstLookにはある。また同記事によれば、スピード・耐久力・スペシャルアタックの3つのパラメータがそれぞれ異なる20の宇宙船を使うことが可能で、ステージは40以上でバラエティに富み、マルチプレイは4人以上に対応する予定、とある。
 なんというか、プチエースコンバット?


Damnation デビュートレイラー



 最近日本にも進出してきた?Codemastersのスタイリッシュアクションシューティング、Damnationのデビュートレイラーがようやくお披露目。
 知れば知るほどに本当に発売されるのか疑わしくなるB級テイストの世界観を持つゲームだが、やっぱり本当に発売されるのね。


ソース
Xbox360 ブログ
Gametrailers.com
IGN.com
XNEWS
WorthPlaying.com
電撃オンライン
Gamespot.com
| 日報 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:10 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/228
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/08 9:06 PM |

IRCチャンネル#箱部の日報なんです