<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 吉光 1UPプレビュー | main | カサンドラ 1UPプレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ザサラメール 1UPプレビュー
 1UP.comのソウルキャリバー4カウントダウンhands-on訳です。

ザサラメール
日本語版紹介ページ

Photo by 1UP

 ザサラメールは、自らの不死を呪いと信じ、人生を終わらせる道を探し続けてきた。だが彼の考えは、空に向かってそびえる巨大な塔のビジョンを見て以来変化した。
 その尊い未来は、英雄王アルゴル―ソウルエッジとソウルキャリバーによって目覚めた男―が存命のうちは叶うまい。そう、ザサラメールには新しい目標が出来たのだ。それは王を殺すことで、自らが王になるという目標だ!

ザサラメールの強み
 ザサラメールはいくつかの長距離攻撃を持つ強いキャラクターだ。彼の最も有力な技は、ツイン・クラッパー・オブ・エア(BB)だ。リーチが長く、発生は早く、そしてヒットさせることで有利を得ることができる。
 彼のプレイスタイルに新しく追加されたボーナスは、「ドロー(引く)」という要素にある;特定の技の後にレバーを後ろに入力することで、従来の性能とは異なる特性を持つ技になるのだ。例えば、通常のツイン・クラッパー・オブ・エアは対戦相手を立たせたままだが、ツイン・クラッパー・オブ・エア・ドローは、相手を自らのひざに打ちつける。この要素はザサラメールを明らかに少しばかり強化しており、また操作をさらにエキサイティングなものにしている。

 ザサラメールは相手を背後にリングアウトさせる技を数多く持っている―このことが、ステージの端を背負った彼をとても危険な男にしている;一例を挙げるとするならば、ヒム・トゥ・イシュタル・ドロー(右下B後ろ)〜オファリング・トゥ・キシャル(後A+B)は、カウンターヒットせずともコンボにできる連携だ。

弱点
 ザサラメールの下段攻撃の多くがとても遅く、そして危険だ。彼はまた入門者向けのキャラではない。彼のコンボの多くは優れたタイミングを必要とするからだ―そして彼のいくつかのベストなコンボを決めるには、カウンターヒットさせなければならない。そのため、それらを繰り出す絶好の機会を見つけ出すのが、ザサラメールの戦略における大部分を占めている。

(ここまで)

 ソウルキャリバー3における一応の黒幕として新登場し、ストーリーモードで数十回にわたりプレイヤーに歯車と鎌を投げつけた繰り返す男、ザラメ。
 不老不死に飽きて死なせてよー状態だった3からは一転、未来への可能性と野望に燃え上がるリア充キャラに転身した。

 大鎌を使った技は「斬り付け」「引っ掛ける」二段構えが特徴。一ひねり効いたスタイリッシュな技は、なかなかの人気を得ている。とはいえ、基本的には優秀なBを軸に、コンボを差し込む隙を伺うキャラだったが…
 4では、鎌の特性が明確な仕様として開花。後ろに引くという簡単な操作ながら、相手を惑わせるには充分な威力を発揮しそうな「ドロー」だが、旧作よりヒット確認の重要性が上がっているような気もする。
| - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:00 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/215
トラックバック

IRCチャンネル#箱部の日報なんです