<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ナイトメア 1UPプレビュー | main | ザサラメール 1UPプレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
吉光 1UPプレビュー
 1UP.comのソウルキャリバー4カウントダウンhands-on訳です。


吉光(ヨシミツ)
日本語版紹介ページ

Photo by 1UP

 「ソウルキャリバー」と「鉄拳」の両方で使用可能なキャラクター、吉光は、万字党という盗賊集団の頭だ。だが、その名に惑わされて彼らのことをただの不平分子と思ってはいけない。彼らの目指す目標は助けるべき人々を助け、呪われし剣、ソウルエッジを破壊するという、とても気高いものなのだ。
 ソウルエッジが存在すると目される場所の情報を手に入れた後、吉光はオストラインブルグへの討ち入りを試みるべく、万字党の兵たちを動員した。

吉光の強み
 吉光は、このゲーム内で断然最も奇妙なキャラクターだ。これまでのソウルキャリバーシリーズと同様に、いくつかの技を御剣と共有しつつも、彼独自の様々な構えから繰り出すイカれた攻撃をミックスしている。
 吉光に加えられた最大の追加点は、二刀流だ。これにより、既に特殊な攻撃を豊富に持っている彼にさらなる新技がいくつか追加されている。

 彼はスピードとパワーを両立した素晴らしい万能キャラクターだ。新たなる特殊構え、Intimidation stance(前B+K)とReflection stance(後B+K)は共に素晴らしい追加点と言える。社(右下B)は彼の最も重要な技の一つだ―アッパー技であるというだけでなく、ダウン中の相手にも当たる技だからだ。

弱点
 いくつかの吉光のベストな技やコンボは非常に発動するのが難しく、また彼の下段攻撃はガードされると危険だ。
 また、卍極楽蜻蛉(上B+K上B+K)は、派生技を知ってしまえば避けるのは非常に簡単だ。
 卍座正拳(しゃがみ中AスライドB)はどうやらいつも通り出すのが難しい技のようだ―しかしながらこの技によるスタンはより回復しやすくなっており、その使い勝手を若干弱めている。

(ここまで)

 初出は1994年の3D格闘ゲーム「鉄拳」。
 後にナムコを代表するタイトルにまで成長するゲームの第一作目で、イロモノキャラ枠で参戦した、素手の格闘ゲームで刀を使い、攻撃を受けると「OHH!!」「NOOH!」と叫び、宇宙忍者を自称する、どう見ても外人がコスプレしているとしか思えない怪しげな男が全ての始まり。

 初代ソウルキャリバーからゲストキャラクターとして参戦し、両シリーズで次々と魔改造を施されてきたこのキャラは、その存在自体が既に歴史と化しており、3D格闘ゲームでイロモノと言えば吉光と言っていいほどの高い人気と認知度を誇る。

 「卍」を体現すべく、回転する技を主軸とした奇抜な立ち回りをするという点は鉄拳版とソウルキャリバー版のどちらも変わらないが、ソウルキャリバー版の吉光は御剣を素体としており基本的な性能が高く、ほんの少しだけ堅実な部分もあるキャラだ。

 体術を使う関係から、どちらかというと近距離戦をより得意とするキャラだが、3では際立った強さを発揮できなかった面もある。
 今回の魔改造で、さらに構えが2つほど増え、さらには二刀流まで始めたようだが、どうなることやら…
| - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:00 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/214
トラックバック

IRCチャンネル#箱部の日報なんです