<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< キリク 1UPプレビュー | main | マキシ 1UPプレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
アスタロス 1UPプレビュー
 1UP.comのソウルキャリバー4カウントダウンhands-on訳です。

アスタロス
日本語版紹介ページ

Photo by 1UP

 God of War(ここで言うのは戦争の神アレスだ。クレイトスではない)によって操られていた、並外れた大きさの体と丸禿げの頭を持つ脅威のゴーレム、アスタロスの目的は、彼のマスターのために呪われし剣ソウルエッジを見つけ出すことだった。
 だが、アスタロスはアレスの支配を破ることに成功し、自由を得た。アスタロスにもたらされたその新しい体験は、彼の持つ生涯の野望を追い求めることも可能にした―最強の戦士となり、さらに多くの魂を食らい、そして、ソウルエッジを彼自身のものにすることだ。

アスタロスの強み
 アスタロスは依然としてビッグで野蛮な戦士だ―スピードは持っていないが、ヘビーなダメージを叩き出す力がそれを補っている。手に持つ巨大な斧は彼に、いくつかの長距離の牽制技と共に充分なリーチを与えている。
 アスタロスの技はそれ自体が技術的にバラエティに富んでおり、前投げや背後投げといった技は彼を最もリングアウト能力の高いキャラの一人にしている。ヴィメル(後B)を繰り出した時、守勢に回った相手は不利な状況に陥るだろう;ヴィメルは相手がダウン中の時には強力な技で、ダウンした相手が安全に起き上がることは非常に難しい。ヴィメルをダウン中に食らっても、立ち上がってガードしても、相手を不利な状況に追い込むことができるのだ。
 そして、アスタロスのスルバルト(前前K)こそ、彼の持つ最も素晴らしい技の一つだ。屈んで素早く突進する中段攻撃で、それ自体高いダメージを持つと共に、リングアウトさせることもできる。

弱点
 アスタロスをただ「鈍いキャラクター」と説明するのは余りにも生温い。
 いくつかの素早い技を持ってこそいるものの、彼のメインとなる攻撃は注意深く仕掛けていく必要があり、そして自分よりも素早いキャラクターとの近距離戦でそれをやり続けるのは難しい。
 今作で若干小さくなりこそすれ、普通の体格のキャラが本来食らうことのない連携を食らってしまう程度には、依然として充分に大きいキャラだ。これはつまり、彼が相手の時は一部のコンボがいつもよりさらに簡単に入れられることを意味している。

(ここまで)

 オレサマ オマエ マルカジリ。
 大きく様変わりした7歳児だが、依然としてショタ人気は集められず。むしろ強力な打撃ジャイスイ「アディ・リアスファーザ(裏波動拳A...)」こと「室伏投げ」のおかげでそっち系の人気を集めている。ほものあはれ。

 遠距離では予想以上に取り回しの効く牽制技を持ち、スルバルトなどの強力な突進技で叩き潰した後はヴィメルなどの中段攻撃と高威力の投げ技との二択をゴリゴリと迫っていく、単純明快な重量級の典型のようなキャラだ。

 ヴィメル、スルバルトといった代名詞的な中段技の出が意外にも早いが、それだけで近距離戦を制することができるほど甘くは無い。重量級の常として、相手の攻撃をしっかり受け、ガードインパクトで返すといった守りのテクと、ボタンホールドで投げ技にさえもディレイをかけられるという特別な仕様を使った、時間差を絡めた老獪な攻めのテクも必要とされ、単純な構造ながら文字通りの奥の「深さ」を持っている。

 とりあえずこいつ相手にダウンしたら絶対起き上がり攻撃を仕掛けようなんて思わないように!
| - | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:13 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/200
トラックバック

IRCチャンネル#箱部の日報なんです