<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
XBOX360 GamerCard
箱部?
IRCチャンネル(friend系)#箱部はXBOX360プレイヤーが集まってグダグダしたり色々なゲームで遊ぶクラブチャンネルです。
クランではないので、誰でも歓迎しています。お気軽にjoinして下さい。
IRCについて等、詳細はaboutをご参照下さい。
irc.friend.td.nu (Friend Chat) #箱部
Now Playing...

[箱部] Castle Crashers/
Too Human/
ソウルキャリバー4/

CATAN/Halo3/
BattleField:Bad Company

[Nayut4]
テイルズオブヴェスペリア/Too Human
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
リンクフリーです
このblogはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。 相互リンクも募集中。ご希望の方はコメント欄でお知らせ下さい。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Fracture IGNプレビュー | main | Damnation Kotakuプレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
18日報 - E3 2008 Day4,ソウルキャリバー4
※22:37 Fable2、IGNプレビュー第二弾訳しました。淋病ヘルペスクラミジア♪

※7/19 10:47 Dead Space、Joystiqプレビュー訳しました。

※7/19 15:07 Fracture、IGNプレビュー訳しました。

 ちょっとやっちまったなーw
 まあ、これはこれで面白いからよしとする。


[E3 2008 Day4 HEADLINE]

 おそらくE3が終わってもしばらくはプレビュー訳を上げ続ける作業が続くと思われる程度の量。長い奴は例によって別枠で!


ソウルキャリバー4、レギュラーキャラクターの2Pコスチューム公開。体験版の配信は発売日まで無し

Photo by ファミ通.com

 サクラ大戦って見たことないんだが、こんな感じなんですかね。

 というわけで、お馴染みレギュラーキャラクターの2Pコスチュームが一気に公開された。上の雪華のように全く新しいものもあれば、一部キャラでは旧作のコスチュームを復刻したものもあり。
 大幅にデザインの変わってしまったアスタロスの2Pは懐かしいソウルキャリバー2のものだったり、マキシ2Pの金髪は健在であったりと、特に人気の高いものを選んで復刻した感がある。個人的にはシリーズファンも意識した素晴らしい配慮だと思う。
 今回はレギュラーキャラクターも「鉄拳」のようにパーツを着せ替えすることができるようになっているので、あるいは素体という見方もあるかもしれない。

 また、少しばかり残念なニュースも。
 N4G.comほか複数のソースで、バンダイナムコからソウルキャリバー4の体験版は発売日まで配信しないというコメントを得たとの報告が上がっている。
 XBLAで初代ソウルキャリバーが配信されていることも無関係ではないのだろう。実際に動かして試してみたい人は、XBLAソウルキャリバーの体験版を遊んでみると良いかもしれない。

 そしてまだ出る動画。そろそろ全キャラ網羅したと思われる動画の数々から、ここではこちらもまた多数の動画が上がっているStarWars:The Force Unleashedからのゲストキャラクター、アプレンティスと、幼女いわゆるロリータのエイミをピックアップ。



 ベイダーの弟子という設定のアプレンティス。"Apprentice"とはライトサイトでいう"Padawan"の意らしい。どうにもアレなSW組の一人だが、実際に動いている画面を見てみると意外にもキャリバーのシステムにしっくりと馴染んでいる感があるのは気のせい?
 天誅弐の力丸を髣髴とさせる逆手持ちからの技は独特で、素直に斬新な新キャラとして評価したいところだが、どうだろうか。
 飛び道具技はいつも通り飾りのようだ。



 ラファエルのロリコン魂を開花させた張本人エイミ。3から半ばクリエイトキャラとして参戦し、リファインされ使われなくなったラファエルの旧技を受け継ぎつつも、複数の構えを経由しながら攻め続けるという軽量級ジーク的なキャラだったが、今回もあまり変わりはないか?
 仕様的にはラファエルをさらにピーキーにした感じなのでとても初心者にはお勧めできない。ロリコンは茨の道也。


Mirror's Edge、2008/11/11発売決定&プレビュー(英)



 なんとか間に合った!フリーランニング一人称アクション、Mirror's Edgeの発売は年内、11/11だそうだ。うーん、EAとなるとローカライズ版の発売はよくて年末ぎりぎりというとこだろうか?
 めでてぇめでてぇということで、Joystiqに掲載されたhands-onも一緒に載せちゃう。以下訳。


 "確かに、敵の銃を払い落としたり、銃を撃ったりできるし、ちょっとだけ速度を落とすこともできる。だが、このゲームは「走るゲーム」という一言が全てを表しているのだ"

 「ああ、でも3D酔いはしなかったのかい?」
 誰かにこのゲームのことを伝えると返ってくる答えはいつもこれだ。
 「なあ、たった今Mirror's Edgeを遊んできたぜ。面白かったー!」
 そんなことを言われたら、こう返そう。
 「面白かったーっていうか、酔わなかったーだな」

 Mirror's Edgeの視点は弾んだり揺れたりするが、それらの動きはたった一つの「ドット」によって、むかつくような副作用を排除することに成功している。そう、「ドット」だ。「修正済み」のスクリーンショットでは見ることができなかった、小さな青、あるいは白の5セント銅貨がそこにはあるのだ。
 このドットだけではない。開発者達は主人公Faithの視界に忠実になるように、従来よりもさらに視野角を広く取る必要があることに気づいた。これが大幅にあのFPSにつきものの副作用、「頭痛」を軽減している。これらの効用により、このゲームにはどうやらあなたの気分を悪くするようなものは無いようだ。

 我々がプレイすることができたステージは、以前GDCで見た場所と同じだった。デモは金網を乗り越えるところから始まる。普通に金網をよじ登ってもいい―確実だがセクシーではない―が、あるいは飛び越すことを試してもいい。
 金網に向かって駆け、ソーラーパネルを飛び込み台の代わりに使って飛ぶ―と、壁に激突してしまう。ジャンプがあまりにも高すぎたのだ。
 では、こうしよう。素直に金網に向かって駆け、ジャンプし、すぐに足を曲げれば、一気にこの高い金網を飛び越えることができる。成功だ!

 そうしたら、次はこの勢いをキープするために、着地する前に前転しよう。そしてあちらの下を潜り抜け、こちらの上によじ登り、ポールの上を平行棒よろしく歩き、壁を駆け…
 経路は赤く変色するようになっている。プロデューサーの一人に言わせれば「Jason Bourneがペンを武器と認識するようなものですよ(※The Bourne Conspiracyでは、Takedownに使えるオブジェクトが発光した)」ということだ。

 上に書いた一連のアクションは最初の1分やそこらの間に起きたものだ。事実、デモのプレイアブルな部分は短かったのだが、どのようなゲームか知るには充分な長さだった。これこそが、「Mirror's Edgeを遊ぶこと」なのだ:兼ねてから予想されていた難易度、「こんなんクリアできねぇ」と言いたくなるような難易度、そして実際のマンモス級の難易度の三角関係に揉まれるような感覚でプレイすることになる。

 移動の大半はアナログスティック二本とLB、LT―LBは上昇、LTは下降だ―に割り振られている。そしてそう、プレイヤーは敵の武器を奪い、撃つことができる(RBとRTを使う。といっても、誰も殺さなくてもいいのだが)。ちょっとだけアクションの速度を落とすこともできる。だが、このゲームは「走るゲーム」という一言が全てを表しているのだ。

 去年のフリーランニングゲームだったAssassin's Creedとの比較は不可避だ。どちらでもダイブし、よじ登り、走ったりできる。しかしMirror's Edgeではプレイヤーにもっとアクションの主導権を握らせてくれる。
 Assassin's Creedでは、シンプルに「アクティブ」ボタンを押しながらアナログスティックを倒せばよじ登ったり、飛び越えたりといった状況に応じたアクションを出せた。
 Mirror's Edgeでは、プレイヤーは実際に「自分の体」を動かすことになる。何かを飛び越えるには「上昇」ボタンを押せばいい。スライディングで通り抜けるなら、走っている時に「下降」ボタンを押そう。まるでステージがさらに長くなったPrince of Persiaのように、決して決められたコースを「前進」するだけではなく、プレイヤーは自分の思うようなアクションを次々と出して繋いでいくことができるのだ。

(ここまで)

 3D酔いに弱い人に朗報!
 DICEはさすがにこの仕様が持ちうるリスクを把握していたようで、上手く配慮をしてくれたみたいだ。
 3D酔いに悩まされる人がよく挙げる理由の一つが、「魚眼レンズを覗いているような」視野の狭さ。人によっては普通に遊べるFPSと脂汗が出てくるFPSがあるなど、プレイ体験に大きな影響を及ぼす視野角に着目したのは素晴らしい。また、「ドット」も3D酔い解消に一役買っているらしいが、これは照準?

 一人称アクションが苦手だからこそ、逆に注目する価値があるゲームみたいだ。
 続報に期待!


Tomb Raider Underworld プレビュー(英)



 引き続き、Tomb Raider Underworldのちょっぴり短いhands-onプレビュー。
 デモ部分を抜粋。

 Crystal Dynamicsの開発者達は、E3でUnderworldの第一ステージ、「地中海」を公開してくれた。今回我々は実際にララを操作し、鮫狩りに飛び出してみた。

 始めのうち、我々はこの「水中ステージ」について懸念を抱いていた。というのも、このアイデアを取り入れたゲームは大体面白くなかったからだ。だが、嬉しく、また驚くべきことに、水中のアクション操作は良く出来たものだった。
 Xボタンはシリーズ共通の「潜水」ボタンとなっているが、それを使わずとも、ララは左スティックで示した方向に泳いでいってくれるのだ。魚を模したようなアクションのおかげで、鮫のテリトリーの中でも非常に簡単に泳ぎまわることができ、左トリガーによるターゲット、右トリガーによるスピアガンの発射をこなすことができた。

 我々が一番最初のパズルシークエンスに差し掛かった時、Lindstrom氏がまず最初にこのドアのパズルを解く二つの鍵を取って解いてみせてくれたが、いざ我々がやる側となると、与えられたヒントは既にかすかな記憶となっていて、最初の鍵を見つけるのにはずっと長い時間がかかってしまった。二つ目の鍵はそれよりずっと短い時間で見つけることができたのだが。

 以前のプレゼンテーションで特に取り上げられていた「ソナー・マップ」は、backボタンを押すことでソナー探知による周辺のマップが手に入る、というものだった。オールマイティ・ボーイなLindstrom氏はこれを使う必要はなかったようだが、我々は37秒ごとにこのマップを見ていた。
 一度操作方法とマップを出す方法を習得しても、我々はなおも泳ぎ回り、海中の風景を楽しんでいた。

(ここまで)

 壁登りや銃撃戦だけでなく、様々なアクションが詰まっているのがTomb Raiderの特徴。さすがに従来の水中操作ではややこしいとあって、左スティックでの簡単操作に落ち着いた様子。嬉しい改善だ。


マシンの可能性は無限大!『Banjo-Kazooie: Nuts & Bolts』 E3動画プレビュー



 ソウルキャリバーといい、このレアの最新作といい、今の時代、自由なカスタマイズ要素はロボゲーの専売特許ではなくなっているようだ。1000種類以上のパーツで好きな乗り物を組み立てることができるBanjo-Kazooie: Nuts & Boltsは海外では11月に発売されるが、国内でも発売されれば人気が出そうなタイトルだ。


獣を解き放て!『ソニックワールドアドベンチャー』 E3動画プレビュー



 さすがに「アンリーシュト」はダサかったらしい。Sonic Unleashedあらため「ソニックワールドアドベンチャー」という邦題になったらしいソニック最新作は、ハリネズミの癖にウェアウルフになるらしい。詳しくはリンク先でどうぞ。


 まだまだたくさんのhands-onが残ってるけど、とりあえずはここまで。
 訳が終わり次第、こちらで追記という形で告知します。


E3 2008 その他のメディア

 今日もメディアはピックアップ。

□ This is Vegas トレイラー&ゲームプレイ
 "Dance" "Gamble" "Fight" "Race"の4つの要素から成り立つ、
 べガスを舞台にした箱庭アクション。
 動画のレーティングが平均5〜6点なんですが…!

□ Left 4 Dead ゲームプレイ
 な なにがほしいんだ。動画か? 動画ならいくらでもだそう。この ボスも ゆずろう。 や やめろ ひ−

[E3 2008 Day4 ここまで]



XBOXクラシックス、「ジェイド エンパイア」配信開始

 XBOXクラシックスがふえるよ!というわけで、今回はBioWareのJade Empireが配信されたそうだ。特別サイトはこちら
 海外ではBioWareの代表作としてしばしばその名が挙げられるゲームだが、武術スタイル・魔術スタイル・武器スタイルの3つのスタイルを持ち、善の道、悪の道のどちらも取ることができるというあたり、なんとなく中国が舞台になったFableという感じがする。
 キャラクターがどれもものすごく濃厚なわけだが、興味のある人はじっくり検討してみると良いかも。



ソウルキャリバー4 カウントダウンhands-on ソフィーティア(英)

 おいおい、海外はあと10日なのにまだ更新されてないぞ!
 5回目の今回は不本意ながらソフィーティア一人。
 元記事の更新をゆっくりお待ち下さい。


ソフィーティア(ソフィーティア・アレクサンドル)
日本語版紹介ページ

Photo by 1UP

 ソフィーティア・アレクサンドルは、悪しき剣、ソウルエッジを破壊せんと望む者達を探している。ではなんのために?彼女が悪人だから?それとも彼女の魂がソウルエッジの腐敗した力を求めているから?いや、そうではない。
 彼女の娘は邪気に捕らえられ、ソウルエッジが破壊されることは娘の死をも意味している。世界を救うか、娘を救うか。ソフィーティアにとってそれは辛い選択だった。そして彼女は、娘を選んだのだ。

ソフィーティアの強み
 ソフィーティアはシリーズを通してあらゆる距離で性能を発揮する万能型のキャラクターだったが、今回は、近距離でさらにパワフルになっている。エンジェルステップ(波動拳コマンド)を使えば接近することは依然として簡単だし、コマンドを二度入れればさらに姿勢が低くなってしゃがみ属性をも手に入れることができる。
 彼女の武器のリーチは若干短いが、これまでの技の全ては依然として効果的だ。つまり彼女の戦闘スタイルはほとんど変化していない。

弱点
 スピードに強く頼っていたソフィーティアだが、今回は以前ほど素早くはなくなっている。ソードカタラクト(後後B)とエンジェルピューリファイ(前前B)はサイドステップでかわしやすくなっている上に、以前のような破壊的なコンボも繋がらなくなっている。
 また、エルフォーチュン(A+B)からのコンボのダメージも少なくなっており、勝利を得るためには以前よりもっと近距離での殴りあいに頼らなければならないだろう。もっともあなたが彼女のリーチの短く素早い技の数々に慣れているのならば、それらの技は対戦相手のライフを削るのに十二分の働きをしてくれるが。

 前作まででソフィーティアが最も恐れられた技といえばサイレントストリーム(左下左下A、ホールドA)だが、この技は以前よりずっと遅くなっており、カウンターしたり避けたりするのがずっと簡単になっている。
 彼女の鍵となる技の多くが素早いキャラクターにはサイドステップで回避されてしまうので、これまで以上に素早い横斬りに頼らなければならない。

(ここまで)

 透けてるのに透けてない人妻。
 「神のご加護を」とか言いながら最速クラスの中段突きを腹に刺しまくる、「あぁ十字軍ってこんな感じだったんだろうなぁ」とかそんなことを思わせる、えっちな二児の母。
 性能的には実質的なラスボスだったソフィーも、鍵となる大技のいくつかが弱体化され、ほとんど仕様が変わっていないといっても戦略の転換は必須になりそう。
 2回どころか何回でも繋がるエンジェルステップでゴキブリみたいに近づいてきて怖いよーでもなんだかお股に挟んで投げてくれるからちょっと幸せみたいな、そんな状況が増えるみたいですよ。


ソース
ファミ通.com
Game*Spark
Gametrailers.com
IGN.com
N4G
Joystiq
VIDEOGAMESBLOGGER
1UP.com
Xbox360 ブログ
| 日報 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:37 | - | - | - |
コメントする









http://hakobu.jugem.jp/trackback/172
トラックバック

IRCチャンネル#箱部の日報なんです